National park_edited.jpg

ボタニカル製品の産地と植物

徳之島とアマミシマアザミ

徳之島について

アマミシマアザミが栽培される鹿児島県徳之島は、南西諸島の奄美群島のほぼ中央にある離島で、徳之島町・伊仙町・天城町の3町で構成されています。固有動植物の宝庫として知られ、2021年7月26日に動植物の多様性が認められ奄美大島、沖縄島北部及び西表島と共に世界自然遺産に登録されました。


また「子宝の島」「長寿の島」として有名で、2005年の国勢調査では徳之島の3町が合計特殊出生率1位から3位を占めました。また長寿世界一であった泉重千代さんをはじめ100歳以上の方が多く在住しています。島に行くと、元気なお年寄りが本当に多いです。 

泉重千代さん.jpeg

アマミシマアザミ

この子宝・長寿の島である徳之島の秘密が、じつはアマミシマアザミなのです。

 

アマミシマアザミはキク科アザミ属の多年草です。このシマアザミに最初に注目したのが、徳洲会病院グループ創立者の徳田虎雄先生で、大学などと組んで機能性研究が始まりました。その結果、抗ウイルス活性や強力な抗酸化作用を持つペクトリナリンをはじめ、様々なポリフェノールを多量に含むことが分かりました。またこちらに示すように、脂肪酸合成を抑制したり、脂肪肝を防止したりというエビデンスも出ています。


 現在シマアザミの乾燥した葉茎は、青汁の原料や錠剤・カプセルなど各種サプリメントの原料として高く評価され用いられています。

アマミシマアザミ

徳之島とアマミシマアザミについて

徳之島生産チームの皆さん